トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

改革実施計画


改革ジモティーズ

 

技埓運営方針の改革

〇毀韻了訶世卜った行政運営

1.市政懇談会の充実…市長が直接市民と対話し、その結果を市政に反映していく市政懇談会について、実施時期、開催日数、開催場所、進め方等の改善を加え実施する。

2.公聴広報機能の充実…市政への意見や要望を広く求め、市民の声を生かした行政を推進するため、公聴広報機i能の充実を図る。

3.情報公開の推進…公正の確保、透明性の向上のため、適正な情報の管理と公開に努める。

4.総合案内所の設置…市民サービスの向上を図るため、市役所内に総合案内所を設置する。

∋毀韻箸龍働によるまちづくり

1.まちづくり組織の支援…まちづくり協議会を中心とした住民主体の地域づくり活動を積極的に支援していく。

2.パブリックコメントの実施…市民の意見を重要施策や計画策定等に反映させるため、パブリックコメントを実施し、市民意見を積極的に募集する。

響反イ硫革

々埓組織等の見直し

1.簡素で効率的な組織の構築…組織・機i構(各種施設や出先機i関を含む)の再編・統合に取り組み、簡素で効率的な組織を構築する。

2.消防団の見直し…消防団の現状や、地域性等を考慮して、組織のあり方や体制を見直すとともに、団員定数の適正化を図る。

3.学校給食センターの再編…学校給食業務の運営の効率化・合理化を図るため、自校方式のセンター化や学校給食センターの再編、民間委託を進める。

⊃遊鑒颪虜鏝

1.定員管理の適正化…定員適正化計画を策定し、定員管理の適正化に努める。
【目標数値】平成22年4月1日までの5年間で156人減(18.6%)

2.勧奨退職制度の見直し…現行の勧奨退職制度を引き続き実施するとともに、その内容について見直しを行う。

型祐屬硫革

/Πの意識改革

1.効果的な研修の実施…政策形成能力の向上および各行政分野における専門的知識や技術を習得す
るための効果的な研修を計画的に実施する。

2.職員提案制度の実施…自発性や問題意識の醸成を図るため、業務改善の提案制度を実施し積極的に活用する。

⊃融評価システムの構築等

1.人事評価制度の導入…職員の能力や仕事の成果を的確に評価する人事評価制度を研究し導入を図る。

2.昇任制度や希望降格制度の導入…昇任制度や希望降格制度を研究し導入を図る。

5詬神度の見直し

1.給与制度の見直し…国の公務員制度改革の動向等を踏まえ、給与制度の見直しに取り組む。

2.時間外勤務手当の削減…事前命令、代休、振替制度の徹底を図り、時間外勤務手当の削減を図る。

3.旅費の見直し…日当、宿泊費の見直しを行なう。

4.その他の手当の見直し…各種手当について、支給基準等を再検証し見直しを行う。
住宅手当・通勤手当の見直し、特殊勤務手当の削減

検〆眄構造の改革

 〆估の確保

1.徴収体制の強化…岡山県税整理組合に加入し徴収体制を強化するとともに、徴収方法の見直しを図り徴収率の向
上に努める。

2.課税客体の的確な把握と適正な課税…適正な課税客体の把握に努めるとともに、課税の適正化・公正化を図る。
  ≪備考≫ 評価替実施年度に見直し

3.遊休資産の売却…遊休化している市有地については処分可能なものは積極的に処分を行い、適切な市有地の有効
利用を図る。

◆ー益者負担の適正化

1.使用料・手数料の見直し…行政と民間との役割分担を明確化するとともに、受益者負担の公平を図るため、使用
料・手数料の抜本的な見直しを行う。

2.各種サービスの受益者負担の見直し…各種サービスの目的や内容を再検証し、受益者負担の見直しに取り組む。

  地方債の発行の抑制

1.地方債発行の抑制…投資的事業の重点実施等により、市債発行額の抑制に努める。
  【目標数値】単年度発行額 15億円(財源補てん債および合併特例債を除く)

ぁ ‘段眠餬廚悗侶出金の抑制

1.特別会計への繰出金の抑制…すべての特別会計や企業会計について、総務省が定めた繰出基準に従って、一般
会計との負担のあり方を再検討する。その上で、改善が必要な会計は健全化に向けた運営方針を定め、事務事業
の効率化や支出額の抑制を図り、一般会計繰出金の削減に努める。

后〇務事業の改革

 ^貳婿務経費等の見直し

1.一般事務経費の削減…ISOの一層の推進等により、一般事務経費の削減を図る。
  【目標数値】 10%削減 (H17当初予算比)    ≪備考≫ 毎年度見直し

2.用度品等一括管理体制の構築…用度品や公用車について、一括管理体制の構築を検討する。

◆ ヽ杏委託の検討・再検証

1.ごみ収集業務の委託…現在直営で行っているごみ収集業務について、計画的に民間委託へ移行する。
  ≪備考≫ 退職不補充に係る業務を順次民間へ委託

2.外部委託費の見直し…委託内容の見直しや簡易な清掃業務委託等の廃止により、管理委託費の削減を図る。
  【目標数値】 5%削減(H17当初予算比)

  報償費の見直し

1.報償費の見直し…報償費について、必要性や効果を再検証し見直しを図り、総額の抑制に努める。
  【目標数値】 15%削減 (H17当初予算比)≪備考≫ H18に総点検を実施し、H19以降毎年度見直し

ぁ (篏金・負担金の見直し

1.補助金の見直し…平成18年度に作成する「補助金見直し基準(仮称)」に基づき、補助金・交付金の抜本的な見直しを図り、総額の抑制に努める。
  【目標数値】 10%削減(H17当初予算比)(利子補給等額の確定している補助金を除く)

2.負担金の見直し…協議会加入の必要性を再確認し、効果の低いものについては脱会する。また、各種団体の運営
負担金について総点検を行い、総額の抑制に努める。
  【目標数値】 10%削減(H17当初予算比)

ァ 〇務事業の見直しと重点配分

1.事業評価システムの導入…事務事業の目的達成状況や執行効率等を客観的に評価するため、事業評価制度を導入し、事務事業の点検・見直しを行う。

2.宿直業務の見直し…地域局での夜間宿直業務を廃止する。

3.公共工事コストの縮減…公共工事コスト縮減対策の実施により、公共工事に係る一般財源を削減する。
  【目標数値】 工事コスト 2%縮減

Α 〇塒財産の有効活用と効率的な管理体制の構築

1.指定管理者制度の積極的な導入…管理の効率性、サービス水準の向上の観点から、指定管理者制度の活用が適切であると判断される施設について制度を積極的に導入する。また選定段階において経費節減を図る。